フロアコーティングで床を長持ちさせよう

床の美しさや清潔さを維持するためには、新築時にフロアコーティングの施工をしておくようにして下さい。そのままの状態にしておくと、ペットの爪などで傷が付いてしまったり、汚れなども付着しやすくなります。床の耐久性を高めたいと考えている方には、ハードコーティングのガラスコーティングがお勧めしたいです。床の強度を高めることが出来ますし、汚れが付いてしまった時も、水でさっと拭き掃除ができるので、清潔を保てるようになります。UVコーティングは費用は高めになっていますが、きれいな状態を20年近く長持ちさせることができます。生活紫外線にも強いのが特徴になっています。信頼できる専門業者を見つけたら、まずは見積もりを依頼するようにして下さい。初期費用をある程度掛けておくようにすると、きれいな状態を長持ちさせることができます。


フロアコーティングに関する記事

フロアコーティングについてです。フロアは人の往来、家具の移動、ペットの爪痕や尿、紫外線、乾燥などで痛みやすい箇所です。フロアのメンテナンスで思い付くのはワックスです。メリットは汚れ防止と光沢ですが、アルカリ性のものや汚れ落とし効果があるシンナー、水分には弱く、乾拭きしかできません。ワックスを剥がす剥離剤は板の反り、箚さくれ、ひび割れなど、フローリングのダメージにつながります。定期的な重ね塗りも必要で手間になります。そこで利用したいのがフロアコーティングです。一般的にガラス薄膜が使われるようです。傷が付きにくく耐久性、耐摩耗性がある、耐水性があり防カビ効果がある、滑り止め効果がある、劣化を防げる、艶感が持続する、紫外線劣化が防げる(UVカット)などのメリットがあります。油性マジックの汚れも簡単に落とせます。


フロアコーティングをしてバルコニーを変えます。

住まいのなかにインテリアを施すことで毎日の生活空間が変わります。バルコニーにタイルを敷けば自由で開放的な暮らしがつくりあげられるような気がします。お好みの色や素材を選んで納得のいくサービスを受けるようにしてください。施工価格は3万円です。枚数はバルコニーの面積から算出するので明確な金額を知りたい場合は図面を提出しましょう。また材質費や打ち合わせの費用もサービスのなかに含まれています。端部カバーを付けるときは設置場所の確認を行います。フロアコーティングをすることで毎日のお手入れが簡単になります。油性のシリコンでコーティングをすると水拭きだけで綺麗になるかもしれません。ペットと一緒に住むのであればこのような手段を用いるようにしましょう。高濃度のコーティング剤を使っているので技術面も非常に高いです。